愛知県豊橋市、トラック架装パーツ、シーソーキャッチ・カミングラックの製造販売〜現場の物流品質向上、物流の効率化・安全性確保に貢献〜自動車整備・車検・販売・保険も

トップページ
シーソーキャッチ
シーソーキャッチについて
シーソーキャッチ取付方法
シーソーキャッチ取付実例
無償モニター制度について

カミングラック
カミングラックについて
カミングラック取付実例

自動車車検・整備
サービス内容

会社案内
お問合せ
会社概要
ブログ
Facebookページ

株式会社三愛自動車

Facebookページも宣伝
シーソーキャッチ
   シーソーキャッチの取付方法


従来の手動式ウイングロック装置との互換性確保!

2011年、シーソーキャッチは大幅なリニューアルをし、中古車両にも簡単に取替できるようになりました。

取替方法はいたってシンプル。
基本的には、従来のウイングロックプレート及びウイングロック装置を取外して、そこにシーソーキャッチを取付けるだけの簡単取替キットをご用意いたしました。!

簡単取替キットを使えば、説明書に従って1箇所当り30分程度の作業していただくだけで、簡単にシーソーキャッチへと取替えることができます。

詳細な取替手順は下記をご覧下さい。


シーソーキャッチの各パーツ名称
シーソーキャッチの各パーツ名称は以下の通りです。
 【図1】
各パーツ名称


1.シーソーキャッチ取付・作動に必要なスペースの確認
@まずは、シーソーキャッチ本体を取り付けるためのスペースがあることを確認して下さい。

 本体外形寸法:55(W)×242(L)×41.3(H)  ※小型・中型車用:47(W)×242(L)×41.3(H)
 【図2】
本体外形寸法

A次に、シーソーキャッチ作動時に他所と干渉することのないように、本体取付部の周辺に作動に必要なスペースがあるか確認して下さい。
  【図3】
取付周辺寸法



取付部仕様確認書(0.14MB)
取付の可否・追加加工の要否ご検討の際には、こちらの既存のウイングロック装置の取付部仕様確認書をご活用下さい。


2.既設のウイングロックプレート及びウイングロック装置の取外し
B手動式ウイングロック装置及びウイングロックプレートの取付ボルト等を緩めて取り外して下さい。
 【写真1】
ウイングロックプレート取外し
 【写真2】
ウイングロック装置取外し

C取り外したボルト等は再利用するものもあります。取り外し位置を確認するとともに、失くさないように一時保管して下さい。
 【写真3】
取外したパーツ


3.シーソーキャッチ取付前加工(必要な場合のみ)
ボディ前側については、走行・停車時のウイングパネルの移動やこれに伴う変形等により、必ずウイングパネルが取付時の位置より前方に移動・変形することが想定されます。

D位置合わせを行ってみて門溝前部プレートがSCウイングヘラAssy接地面よりも高い場合には、この部分との干渉によりSCウイングヘラAssy及びウイングパネルの損傷を防止するため、必要な範囲でカット・補修塗装を行います。
 【図4】
門溝プレートのカット

 【写真4】
取外したパーツ


4.シーソーキャッチの仮取付け
E取外したボルト・ナット及び付属のボルト・ナット等を使って、シーソーキャッチAssy及びSC対応型ウイングロックプレートを仮付けします。
【写真5】
取り付けるパーツ
【写真6】
取付後



5.シーソーキャッチ作動テスト・本取付
仮付け作業が終わりましたら、4〜5回以上ウイングを開閉させて、シーソーキャッチの作動テストを行って下さい。
取付の不具合等がある場合には、取付説明書に従って取付位置の修正等を行って下さい。
作動テスト後、本取付を行って作業終了となります。

取付が完成すると、下の映像のように作動します。
【映像1】
作動テスト

取付説明書(0.98MB)
取付説明書はこちら

株式会社 三愛自動車

リンク
HOMEカミングラックについてカミングラック取付実例シーソーキャッチについて
シーソーキャッチ取付実例自動車車検・整備・販売・保険会社概要お問合せ

COPYRIGHT(C)2007 SANAI-MOTORS ALL RIGHTS RESERVED.